logo_sq

 

弁護士の池田賢太です。

 

いよいよ第18回統一地方選挙が始まります。皆さんの貴重な1票を、私たちの生活を豊かにしてくれる・くれそうな候補に投じましょう。

 

そうはいっても、なかなか自分の1票の重さって考えられないですよね。どうせ、私の1票はたかが1票なのだから。

でも、当選するには、あなたのその1票が必要なのです。何百万票集めた候補がいたとしても、それはいきなり100万票が入ったのではなく、どこまでも1票1票の積み重ねでしかないのです。たかが1票、されど1票です。

 

さきほど、「私たちの生活を豊かにしてくれる・くれそうな候補」と言いました。この「豊か」とは何か、ということも考えてみたいと思います。

いろいろな考えがあると思いますが、私は今の生活をしっかりと見据えた上で、今よりも「豊か」な生活を求めたいと思います。お金も欲しいし、おいしいものも食べたいし、好きなだけ寝ていたい。でも、そんなことじゃ暮らしていけないので、働いてお金をもらって、充実した毎日を送りたいな、と思います。

サービス残業をなくすだけでも「豊か」になるし、奨学金を返さなくてよくなるだけで「豊か」になるし、病気のときにはしっかり休んで医療を受けられるだけでも「豊か」になれる。そしてなにより、平和の中で生きていくということは、やっぱり「豊か」なことなんだと思うのです。

 

私が求める「豊か」さは、当たり前のことが当たり前になされる社会です。だれかの犠牲の上に成り立つのではなく、みんなで分かち合う社会です。豊かさの尺度が経済的価値にばかり置かれているのは、決して豊かな状態ではないと思います。

仕事をする時間、大切な人と過ごす時間、勉強する時間、おいしく食事をする時間、ゆっくりと体を休める時間。この中で経済活動をしているのは仕事をしている時間だけです。でも、それを支える時間が無ければ、仕事をすることすらできません。人間らしく生きられること。それは何よりも「豊か」なことだと思います。

 

統一地方選挙は、私たちの暮らしに直結した選挙です。私たちの代表を選ぶ、大切な選挙です。同時に、国政にも大きな影響を与える選挙です。自公勢力が支持を増やせば、安倍内閣は今の政策が支持されたとして、沖縄の問題、有事法制の問題、労働改悪の問題をどんどん強行してくるでしょう。一見すると、私たちとは遠いところにある問題も、私たちの生活に直結しています。

安倍首相は、国民のことを見ているようで、私たち一人ひとりのことは全く見ていません。抽象的な「国民」というものを見ているようですが、具体的な「個人」を見ていません。国民の安全を守ると言いながら、沖縄の人々の民意は無視し自衛隊を「わが軍」と呼び積極的平和主義の名のもとに私たちを危険にさらしています。このような政治をこれ以上進めることは許せません。

統一地方選挙の勝敗は、今後の国会運営にも必ず影響を与えます。私たち自身が、どのような生活をしたいのか、しっかりと考え、貴重な1票を投じてほしいと思います。

 

 

この記事を家族・友達に教える

TOP