logo_sq

弁護士中島哲です。

相続のご相談を受けたり、遺産分割処理の依頼を受けることがあります。

亡くなった親御さんの面倒をずっと見ていたのに、数十年音信不通の兄弟に法定相続分を主張されてしまうケースなど、生前に遺言書を作ってさえおけば、と思うケースが少なくありません。
将来のお子さん方の争いを未然に防ぐためにも、遺言書は作っておくに超したことはありません。

遺言書の御作成をお考えの方、ぜひご相談下さい。

この記事を家族・友達に教える

TOP