logo_sq

弁護士の橋本祐樹です。

先日、オントナ主催の「もしもの時に備える 私らしい終活セミナー」に講師として参加してきました。
「終活」という言葉がすっかり定着してきて、人生の最期を迎えることについてのネガティブなイメージは薄れ、遺される人への「思いやり」とか最期まで自分らしく生きるための「準備」というイメージになってきています。
オントナ主催の終活セミナーも、お元気でイキイキとしている人生のベテランのみなさんが、ご自分の今後を真剣に考える場になっていました。

このイベントのスゴイところですが、会場は本物の斎場です。講師の発言場所が祭壇の前でしたが、祭壇にお尻を向けてお話をするのは憚られたので、参加者のみなさんの近くを歩きながらお話をさせていただきました(笑)

さて、私は遺言と後見(主に任意後見)についてお話しさせていただいたのですが、遺言も任意後見も遺された人や家族に対する「ラストメッセージ」、困らないようにとの「思いやり」です。
参考までに、レジュメに私の「エア遺言」(ほとんど妄想のような遺言)をつけました。「これを参考にご自身の遺言を考えてみて下さい」とお話ししたところ、参加者のみなさんからの具体的な質問をたくさんいただきまして、「思いやり」の強さを実感しました。


この記事を家族・友達に教える

TOP