logo_sq
医療に関する問題

医療に関する問題

医療過誤が疑われるケースや、健康保険に関する問題など様々なトラブルの解決に取り組みます。

医療に関する問題でお困りの方、
お気軽にご相談ください。

  • 手術結果に納得がいかない、医療過誤と思われるがどうのように対応したらいいのですか?

011-231-1888電話する月〜金(9時15分~17時15分)

「医療に関する問題」の相談時に
ご用意いただきたいもの

「医療に関する問題」のよくあるご質問Q&A

私、手術したのですが良くなりません。医療過誤だと思うのですが。

まずは、お話しを聞かせてください。
医療過誤というのは、医療事故のうち、その治療行為に過失つまりミスがあった場合を指すものです。
外科手術が典型ですが、体にメスを入れる以上、当然に傷ができますし、合併症などのリスクもあります。事前に医師から十分な説明を受けていたかどうか、その合併症は必然的に生じるものだったのかどうか、あるいは当初想定していたよりもひどいものになってしまったのかどうか。
良くなりたいと思って治療を受けたにもかかわらず、かえって悪化してしまったこともあるでしょう。法的に責任追及をしたいというお気持ちも十分理解できます。
まずはご相談ください。その上で、何があったのか。どのような証拠がありそうか。その上で、これは医療上のミスがあると言えるのか。医師などの専門家の意見もお伺いしつつ、検討をすることになります。
医療過誤は、ときに命に関する内容を含みます。だからこそ、しっかりとお話しをお伺いしたいと思っています。

医療過誤訴訟って難しいと聞きましたが、北海道合同法律事務所ではどのような対応になりますか。

たしかに、医療過誤訴訟は患者側の勝訴率が低いと言われています。専門的な審理が必要である上、Q1で述べたように、何らかの障害が残ったことをもって直ちに医療過誤・医療ミスとは言えないことも大きな要因です。
しかし、常に患者側が不利なわけでもありません。法廷だけが勝負の場所ではないからです。明らかにミスがあるような場合には、交渉段階で解決できることもあります。裁判所を使うにしても、訴訟のみならず民事調停の利用も考えられます。
そのためには、まず証拠の収集、とくに医療記録(カルテ)がとても大切です。どのような方針のもとに、どのような説明をし、どのような治療を行ったのか。その記録がカルテにあります。医療機関にあるカルテは、最大のそして唯一の証拠と言っても良いでしょう。この証拠をいかに集めるか、そこがとても大切です。
まずは、医療カルテの入手のための手続を行います。その後、医療専門家との協議などをしながら、医療過誤があるのかどうか、その点を見極めていくことになります。
まずは、ご相談ください。

医療に関する問題でお困りの方、
お気軽にご相談ください。

  • 手術結果に納得がいかない、医療過誤と思われるがどうのように対応したらいいのですか?

011-231-1888電話する月〜金(9時15分~17時15分)

TOP