北海道、札幌を中心とした法律事務所です。財務整理や民事事件など多様な法律問題の解決に取り組んでいます。

 

B型肝炎訴訟、追加提訴

■ 札幌でも92人が提訴

集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染した患者らが国に賠償を求めている全国B型肝炎訴訟において、5月10日、全国で243人(内、札幌地裁では92人)が追加提訴したことが、北海道新聞(5月11日付朝刊)などで報道されています。

 

■ B型肝炎被害の蔓延

日本では、幼児を対象とする集団予防接種が明治時代のころから行われてきましたが、集団予防接種の現場では、複数の幼児に対して1つの注射器を連続使用する実態が長く続いていました。

このような注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスの感染が広がっていく危険性は昔から指摘されていましたが、国は注射器の連続使用の実態を放置し続け、その結果、B型肝炎ウイルスの感染者数は全国で110万から140万人いると推計されるまでになり、日本では肝炎が「第2の国民病」と言われるまで広く蔓延することになりました。

(全国B型肝炎訴訟北海道弁護団のホームページより引用 http://b-kan-sosho.jp/right_of_claim/#001

 

■ B型肝炎ウイルス患者を一人でも多く救済するために

17年にわたる先行訴訟での最高裁全面勝訴判決があって、その後、全国訴訟に発展し国との間で基本合意を締結し、現在は「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」(B型肝炎特措法)が作られてします。

特措法に基づく給付金の受給には訴訟提起が必要です。

B型肝炎でお悩みの方は、ぜひB型肝炎訴訟弁護団にご相談ください。

全国B型肝炎訴訟北海道弁護団HP http://b-kan-sosho.jp/ 

電話でのお申し込み・お問い合わせ 011-231-1941

(平日900120013001700

 

≪全国B型肝炎訴訟北海道弁護団には当事務所の弁護士の佐藤哲之(弁護団代表)、中島哲、山田佳以が所属しております。≫