北海道、札幌を中心とした法律事務所です。財務整理や民事事件など多様な法律問題の解決に取り組んでいます。

 

憲法フェスティバルのお知らせ

● 憲法24条のせいで家族が崩壊?

 安倍首相は、憲法改正を掲げています。

 そして、憲法9条とともにその標的になっているのが、24条です。

 それは、24条が定める「家族生活における個人の尊厳と両性の平等」が、自民党や日本会議が目指す家族像・社会の形とは相いれないからです。「憲法24条が利己主義を生み出す」「現代社会の家族の崩壊は24条のせいだ」と。

 個人より国家・共同体を優先させ、家父長制度的な、性別による役割分担(ジェンダー)を強制する。

 まさに、戦前戦中への回帰、そして軍国主義への道そのものです。

 ● 憲法24条の意義~目指すべき社会は~

 憲法24条にはどのような意義があるのか。それはこの社会でどう実現し、あるいは実現できていないのか。改憲勢力の目指す、「逆向き」の行く末は?

 今回の憲法フェスティバルでは、憲法学やジェンダー法学に精通した、大阪電気通信大学教授の 中里見博教授 と、夫婦別姓訴訟弁護団事務局長である 打越さく良弁護士 の2名の専門家をお招きして、憲法24条が標的とされている今、私たちの社会が本来目指すべき方向を確認し、改憲勢力の意図を知ることで、私たちがなすべきことを一緒に考えたいと思います。

 是非、会場まで足をお運びください!

 ● とき、ところ

  • 日時:2017年4月29日(土)

    開始 13時00分(開場 12時30分)

    終了 15時30分

  • 場所 「かでる2.7」大会議室(4階)

  • 資料代 500円

   予約不要!

170412憲法フェスティバル.jpg