北海道、札幌を中心とした法律事務所です。財務整理や民事事件など多様な法律問題の解決に取り組んでいます。

 

エイプリルフール

 弁護士の橋本祐樹です。

 4月1日はエイプリルフールです。今日はウソをついてもいい日だそうです。

 ということは、普段はウソをついてはいけないということになります。
 原則的にはウソをついてはいけないが、4月1日だけはウソをついていい、そういう整理になると思います。


 しかし、世の中、ウソが蔓延しています。
 他人を楽しませる害のないウソ(大阪城、琵琶湖、金閣寺等を自己の所有財産だと言い切る上沼恵美子師匠の発言など)なら通常騙されることがないのでいいですが、有害なウソはいけませんね。

 有害なウソといえば、今も振り込め詐欺の被害があります。ウソを見抜くように、手口を知ったり、まずは一度冷静になるなどの対策があるようです。

 有害なウソには、個人的に有害なものだけでなく、民主主義的に許されないものもあると思います。たとえば、政治と金をめぐる問題なんかがそうです。

 そんなにたくさん借りたの?もらったの?何のために借りたの?そんな大金何に使うの?借りたというならいつから返済するの?返済原資はどうしたの?もう一部でも返済したの?

 常識的な感覚があれば、疑問が噴出します。そうやって、主権者国民は、騙されないようにしないといけません。よくある弁解のパターンを把握したり、加熱した報道で盛り上がったあとも冷静に当該政治家の行動に関心を持ち続けるなどの対策が必要です。

 今後、特定秘密保護法により、民主主義的に許されないウソが増産される可能性があります。「あるの?ないの?」と聞いても「さぁ〜」としか答えられない状態にする法律ですから、本来、主権者国民が投票の際に前提としていなければならない外交・防衛等の国政上の重要な情報が提供されなくなります。

 政府が本来有している情報からすると一部の情報しか与えられないのですから、政府は極めて重要な情報を特定秘密に指定して、つるんとしたしたり顔で平然としていれば、自動的に主権者国民が投票において誤る可能性があるのです。国民が騙されるんですから、ウソをついたようなものです。

 民主主義国家において、主権者を騙す政府のウソは許されません。そんなウソがまかり通ることになる特定秘密保護法は廃止されなければなりません。


 エイプリルフールのみウソをついていいという原則に立ち返り、 そろそろ、自宅であるバッキンガム宮殿に帰ります。

アドバイス

 弁護士の安部真弥です。

 卒業式のシーズンになり、袴姿の女性の姿をちらほらと見かけます。
 私は、大学の卒業式には普段着で出席し、特別な装いはしませんでした。
 袴などをレンタルできるようにと、祖父母から卒業祝いのおこづかいももらっていたのに、当時、お金がなかったことや、なんとなくめんどくさかったことなどから、そのお金を生活費にまわしてしまったのです。
 祖父母や母からは、記念になるし袴や着物を着たほうがいいよと言われていたのですが、当時の私は聞く耳もたずで、祖父母を残念がらせてしまいました。
 ですが、今では、記念だし、もう袴なんて着る機会もないし、袴姿になっておけばよかったなぁととても後悔しています。

 子どもの頃や、若い頃に、年長者から頂くアドバイスは、当時はうるさいと思ってしまったり、聞き流してしまったりしていましたが、今になって考えると、本当に私のためを思い、自分たちの経験から得た的確なアドバイスをしてくれていたのだということが分かります。

 歳をとるにつれ、人からアドバイスを受ける機会も減りますが、いつになっても、周りの人からのアドバイスには耳を傾け、よりよい自分になれるよう研鑽を積んでいきたいものです。

「平和の礎」

弁護士中島哲です。

去る2月12日、キャロライン・ケネディ駐日米大使が沖縄の平和祈念公園を訪問したそうだ。同公園の「平和の礎(いしじ)」に足を運び、「圧倒される体験」だと語ったと報じられた。
平和祈念公園の「平和の礎」とは、沖縄戦でお亡くなりになった戦没者の氏名が刻銘された石碑が並んでいる場所である。
私も弁護士になって1年目か2年目に沖縄を訪れた際に平和祈念公園を訪問した。その日は穏やかな天気で、静かな公園の中を吹き抜ける風のなか、一面に広がる黒い石碑、そして、その石碑の一つ一つに刻まれた無数の戦没者の氏名にただただ圧倒されたのを覚えている。沖縄県外出身者での沖縄戦の戦没者数は、北海道出身者が1万人以上と圧倒的に多いことも、恥ずかしながらそのときに初めて知った。
ケネディ駐日米大使の就任後の、和歌山のイルカ追い込み漁に関する言動などは、賛否両論有るところだとは思うが、平和の礎を訪れて「圧倒された」という感覚は極めてまっとうな感覚だと思うし、そうしたまっとうな感覚を持つ大使が平和の礎を訪れてくれたことは喜ばしいことだと思う。
戦没者の数を1万人というにせよ、10万人というにせよ、ただ数字で表すとそのリアリティが希薄なものになってしまう。
実質的な解釈改憲の流れが進められようとしている今日、改憲を語る人は、その前に、ぜひ一度、平和祈念公園に足を運んで頂きたいと思う。

混声合唱組曲「悪魔の飽食」

2014年7月2日札幌公演
         混声合唱組曲「悪魔の飽食」 
    
 弁護士の三浦桂子です。

 私は歌うことが好きです。
 7月2日札幌コンサートホール・キタラで行われる公演に向けて、週末練習に参加しています。

 混声合唱組曲「悪魔の飽食」は作家森村誠一さんの同名ノンフィクションを作曲家の池辺晋一郎さんがまとめたものです。
 第二次世界大戦中に細菌兵器を開発するため旧日本軍「731部隊」が中国人やロシア人らの捕虜に人体実験を繰り返しました。「悪魔の飽食」は、この戦争犯罪を告発し、実験材料(マルタ)として殺された捕虜の方々を追悼し、平和への希望を歌いあげています。

 1月の練習は、第5章の「三七年目の通夜」。
 毒ガス実験で殺されるロシア人母と娘をストップウオッチ片手に観察した731部隊員の晩年の心情を歌っています。
    何故、ストップウオッチを押せたのか
    何故、我が妻、我が子を思わなかったのか
    37年目 悔やんでも 流す涙は届かない

 逆らえない上司の命令とはいえ、戦争がいかに人間を残酷にするのか、加害者となった隊員の37年間の後悔、苦しみを
 最後のフレーズ 「37年目」
           〜低く男声が繰り返えす
         「悔やんでも 流す涙は届かない」
           〜女声が男声の上にかぶせて繰り返す 
          しかも全員で歌って、全体として小さく(ピアノ)

 戦争を繰り返してはならない、その思いを込めて、美しいメロディーで皆さんにお届けできるよう、練習しています。
 是非、聴きにいらしてください。


  

「しかたがない」と諦めてしまう前に

 弁護士の池田賢太です。

 昨日、ふとしたことから、自宅の書棚にあった石垣りんさんの詩集を手に取りました。
 私は、石垣さんの詩が昔から好きでした。
 とっても生活感のある、石垣さんの詩が好きでした。

 有名なところでは、「表札」「挨拶」「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」などがあげられるでしょう。
 私は、「表札」という詩が好きでした。
「精神の在り場所も/ハタから表札をかけられてはならない
 石垣りん/それでよい。」
という結びの一節が、私に覚悟を迫ってくるように、冬の朝のピンとした空気のように感じられるのです。

 そんな中、今まであまり気に留めていなかった一編の詩を目にしました。
 『雪崩のとき』という詩です。
 1951年1月に作られた詩ですが、いまこの瞬間を詠みこんだと思われるような詩でした。
 石垣さんは、その前年の1950年に勃発した朝鮮戦争を意識されていたのかもしれません。

 「”すべてがそうなってきたのだから/仕方がない”というひとつの言葉が/遠い嶺のあたりでころげ出すと/もう他の雪をさそって/しかたがない、しかたがない/しかたがない/と、落ちてくる。」

 特定秘密保護法が制定され、日本版NSCは我が物顔でPKOへの弾丸提供を決め、声高に「積極的平和主義」を唱えて集団的自衛権の行使をなし崩し的に認めようとしている今の情勢を、「しかたがない」と傍観するだけでいいのでしょうか。
 私は、またも石垣さんに、覚悟を問われた気がしました。


《雪崩のとき》

  人は 
  その時が来たのだ、という

  雪崩のおこるのは
  雪崩の季節がきたため、と。

  武装を捨てた頃の
  あの永世の誓いや心の平静
  世界の国々の権力や争いをそとにした
  つつましい民族の冬ごもりは
  色々な不自由があっても
  またよいものであった。

  平和
  永遠の平和
  平和一色の銀世界
  そうだ、平和という言葉が
  この狭くなった日本の国土に
  粉雪のように舞い
  どっさり降り積もっていた。

  私は破れた靴下を繕い
  編み物などしながら時々手を休め
  外を眺めたものだ
  そして ほっ、とする
  ここにはもう爆弾の炸裂も火の色もない
  世界に覇を競う国に住むより
  この方が私の生き方に合っている
  と考えたりした。

  それも過ぎてみれば束の間で
  まだととのえた焚木もきれぬまに
  人はざわめき出し
  その時が来た、という
  季節にはさからえないのだ、と。

  雪はとうに降りやんでしまった。

  降り積もった雪の下には
  もうちいさく 野心や、いつわりや
  欲望の芽がかくされていて
  ”すべてがそうなってきたのだから
  仕方がない”というひとつの言葉が
  遠い嶺のあたりでころげ出すと
  もう他の雪をさそって
  しかたがない、しかたがない
  しかたがない
  と、落ちてくる。

  嗚呼、あの雪崩、
  あの言葉の
  だんだん勢いづき
  次第に拡がってくるのが
  それが近づいてくるのが

  私にはきこえる
  私にはきこえる。

給費制廃止違憲訴訟のご報告

アップロードファイル 187-1.jpgアップロードファイル 187-2.jpg

【2013年12月11日                  【2013年12月25日
 名古屋訴訟第1回口頭弁論後記者会見】     広島訴訟第1回口頭弁論後報告集会】 
 


 弁護士の橋本祐樹です。

 2013年8月2日に東京・名古屋・広島・福岡で一斉提訴した新65期司法修習生による「給費制廃止違憲訴訟」の裁判期日が少しずつ始まっています。

 12月11日には名古屋で、12月25日には広島で、それぞれ第1回目の口頭弁論が開催されました。2014年1月20日には福岡で、1月29日には東京での裁判期日が控えています。

 私も、名古屋と広島の期日に代理人として出席してきましたが、とても驚きました。
 私は、新64期司法修習生として、司法修習費用の給費制が1年延長された年に司法修習を行ったのですが、司法修習に入る前から給費制の維持を求めて活動をしてきました。2010年から活動していますので、3年以上、給費制の意義や貸与制の弊害を訴え続けてきました。
 貸与制の弊害については、理解しているつもりでした。

 しかし、私が法廷で聞いた新65期の弁護士の生の声は、私が知っているつもりで知らないことだらけでした。私だけではありません、法廷にいた全ての給費制で育ててもらった法曹が衝撃を受けたはずです。

 ペーパーレスで裁判官にとつとつと語りかけた原告は、法科大学院での奨学金債務の返済を司法修習費用として国が貸し付ける貸与金から返済するという多重債務者のような生活、お金がかかりすぎることで法曹への途を断念した友人のエピソードを話しました。

 借金の怖さを家族から教えられて育ったため貸与を申し込まなかった原告は、節約をするため、書籍代の支出などを控えざるを得ず、また病気になっても病院にもかかることができなかった状況を涙ながらに話してくれました。

 冤罪事件に取り組みたいと法曹を目指した原告は、今後の借金の返済を考えてしまい、やりたかった冤罪事件に取り組めない現状を話してくれました。
 保証人の確保ができず、機関保証をつけることへの抵抗もあったため貸与を申請しなかった原告は、経済的に苦しい家庭に育った修習生が、司法試験合格後もさらに大きな経済的に負担を強いられる不合理性を語りました。

 どの原告の声も、経験をしたからこその実感がこもった苦労と無念が伝わる内容でした。
 私は、改めて、実態を知る必要を痛感しました。
 弁護士のみならず、裁判官も訟務検事も、貸与制のもとでの修習について初めてじっくり聞くことで、司法修習生の給費制の復活をはじめとする法曹養成制度の問題を自らの問題として取り組むことができるのではないでしょうか。
 
 「給費制廃止違憲訴訟」は、給費制の取り組みを弁護士会だけの取り組みではなく、裁判所・法務省を巻き込み、法曹三者があるべき法曹養成制度、司法制度を真面目に考える場になります。この訴訟を起こさざるを得なかった原告らの無念・苦労を、全ての法曹が想像し、これ以上、給費制廃止による被害者が増えないように知恵を出し合わないとならないと思います。その意味で、各地の裁判所が、今のところ、丁寧に当事者の声を聞き審理をしようという姿勢を示していることは評価できます。

 また、権利の守り手を国が責任をもって育てることでより良い司法制度をつくるという目的のため、勇気をもって自らのプライベートを晒している原告ら生の声を、一人でも多くの市民の皆さんに知っていただきたいなと思います。

 「給費制廃止違憲訴訟」の詳細は以下のとおりです。 
  http://kyuhi-sosyou.com/index.html

特定秘密保護法案の今国会での廃案を求める声明

 弁護士の渡辺達生です。

 新聞報道等では、みんなの党や維新の会が修正協議で妥協をし、自民党・公明党の4党で、秘密保護法案が衆議院で通されようとしていますが、11月21日、青年法律家協会北海道支部、日本労働弁護団北海道ブロック、自由法曹団北海道支部の道内法律家3団体で、秘密保護法の廃案を求める声明を出し、道内選出の国会議員と衆議院の国家安全保障に関する特別委員に送付しました。
 声明はこちら
 http://www.hg-law.jp/file/131121%20seimei.pdf
 私のパワポも改定しました。
 http://www.hg-law.jp/file/131125%20hogohouppt.pdf
 皆さん、この法案の反対ために、できることは全てやりきりましょう!

環境を、そして動物を守ろう!〜動物園で考える環境保護問題〜

 弁護士の安部真弥です。

 北海道内のほとんどの動物園には象がいません。
 私は愛知県の出身ですが、子どもの頃に動物園に行くと、必ずと言っていいほど象がいたので、動物園に象がいないということにとても驚いています。
 最初は、北海道は寒い地域だから象の飼育が難しいのかな、と思っていたのですが、理由は全く違いました。
 日本国内に野生の象はいませんから、動物園で新たに象を飼育しようと思ったら海外から連れてくるしかありません。ですが、現在、象が希少動物であることから、新たに象を海外から連れてくるためには、ワシントン条約に基づき、繁殖等の学術的な目的で複数頭(最低でも3頭以上と言われているそうです。)で連れてこなければならず、その後の飼育費用も含め、実に多額の費用がかかってしまうそうなのです。
 近年に始まったことではありませんが、環境汚染や乱獲などにより、地球上から多くの動物が絶滅していっていることは、皆さんもご存じのとおりです。
 このままでは、象をはじめとする、私たちが子ども達に見せてあげたい動物達が、どんどん絶滅の危機に瀕し、動物園ですら見ることが難しくなってしまいます。
 私たちにできることは少ないですが、まずは小さなことから(買い物ではエコバッグを使う、とか。)、環境を守る活動、そして動物を守る活動を始めてみませんか?

特定秘密保護法案を廃案に!

 弁護士の渡辺達生です。

 11月7日、特定秘密保護法の審議が衆議院で始まりました。
 特定秘密保護法の問題点については、私のほうでパワーポイントにまとめていますので、こちらをご覧ください。
 http://www.hg-law.jp/file/131109%20hogohouppt.pdf

 もっと詳しく勉強したい方は、自由法曹団本部で、詳細なコンメンタールを作成していますので、こちらをご覧ください。
 http://www.jlaf.jp/menu/pdf/2013/131105_01.pdf

 特定秘密保護法を廃案に追い込むためには、皆さんの力が必要です。
 何かやってみたいと思っている方、衆議院で特定秘密保護法の審議をしている国家安全保障に関する委員会の委員に要請書を出してください。
 http://www.hg-law.jp/file/131107%20youseisyo.pdf

 これは、国家安全保障に関する委員会の委員、全員に対する要請書です。宛名とファックス番号が入れてあるので、あとは、日付と名前を書けば、要請書が完成し、すぐにファックスを送ることができます。


 特定秘密保護法に反対の方、ぜひ、これを活用して、要請書を出してください。
 なんとしても廃案に追い込みましょう!!!

札幌市公契約条例、否決

 残念ながら、公契約条例が否決されました。

 弁護士の渡辺達生です。
 この間、このコラムに何回か、公契約条例のことを書いてきました。今年の7月から取り組んだ公契約条例の制定を求める10万人署名も、ほぼ達成をすることができました。ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。


 しかしながら、札幌市の公契約条例は、10月に開催された第3回定例市議会で、反対多数で否決されてしまいました。最終的に公契約条例に反対をした議員はは、自民党23人、公明党9人、みんなの党1人、市政改革みんなの会の1人の計34人。賛成した議員は、民主党23人、共産党5人、市民ネット3人、市政改革みんなの会の2人の計は33人ですので、1票差の否決です。
 労働組合、学者、弁護士等で、「札幌市公契約条例の制定を求める会」を作り、私は、その一員として札幌市公契約条例の制定を求める活動をしてきました。市議会の否決にあたり、求める会としての声明を出していますので、ご覧下さい。
 http://www.hg-law.jp/file/131101%20seimei%20koukeiyaku.pdf


 否決の最大の理由は、私たちをはじめとした制定を求める運動が、業界団体の反対を乗り越えることができなったことです。業界団体の中でも最も強力に反対をしたのはビルメンテナンス業界です。札幌のビルメン業界は、ほとんどの労働者の賃金を最低賃金プラス1円にしています。不況の下でも、そうすることで利益を確保してきた業界です。公契約条例は、最低賃金プラス1円というビルメン業界の利益の源泉の変更を求めるものですが、それに対し、業界が強烈に反対をしてきたというのが、今回の公契約条例を巡る問題の本質です。
 日本が資本主義経済である以上、業界の利益と労働者の利益が対立するのはむしろ必然です。この対立を乗り越えるために、やれることをすべてやったのか?これが私たちの最大の反省点です。


 ここ何年間か、貧困問題に自分の活動領域をかなりシフトせてきましたが、今回の事件により、貧困問題の本質に改めて直面しました。
 求める会の声明にある通り、札幌市公契約条例の制定に向けて、今まで以上に頑張っていきたいと思っています。