logo_sq

 

 弁護士の池田賢太です。

 

 昨年11月30日に、自衛官を息子に持つ平和子さんが、南スーダンPKOの派遣差止と撤退を求めて、訴訟を提起しました。

 いよいよ、2月21日午後3時30分、札幌地方裁判所で第1回の口頭弁論期日です。

 

 破棄したと言い続けていた日報が、自民党の河野太郎議員が電子データはあるはずだと言った途端に、出てきました。

 なんと、そこには「戦闘」の文字。国会で追及を受けた稲田大臣は、「法的な意味での『戦闘』ではない」と答弁しました。

 

 現地に派遣された部隊が、公文書で「戦闘」と書いたことの意味は極めて大きいと思います。

 制服組トップの河野統合幕僚長は、「戦闘」という言葉については、十分注意して使うようにと指示していたと言っています。

 そうであれば、なおのこと、この日報を起案した隊員は、決死の思いで「戦闘」を使ったはずです。

 

 このままでは自衛官が死ぬ。

 自分の部隊から死人が出る。

 そうなる前に撤退を決めてほしい。

 

 そんな思いが込められた二文字ではないかと思うのです。

 

 私たちは、この訴訟で徹底的に、南スーダンの実態を、そしてPKOの実態を明らかにしていきたいと思っています。

 傍聴支援をお願いします。遠くで参加できない方は、カンパのお願いをしています。

 ぜひ、原告、弁護団を支えてください。

 

 主権者として、自衛官の命を守るためにも。

 

 

 

南スーダンPKO派遣差止訴訟弁護団ホームページ

 

https://stop-sspko.jimdo.com/

 

 

 

訴訟期日・報告集会のご案内

 

https://stop-sspko.jimdo.com/スケジュール/

この記事を家族・友達に教える

TOP