logo_sq

弁護士の桝井妙子です。

 

● 生活保護受給者に強制執行予告?

3月29日、当事務所の橋本祐樹弁護士とともに、奨学金の返還猶予義務付け訴訟を提起しました(返還期限猶予の承認を求める裁判です。)。

生活保護を利用するようになり,返還猶予を受ける実体的要件を満たしているのに,返還誓約書を提出できなかったという形式的理由だけで,日本学生支援機構から返還猶予を拒絶されているという事案です。

また、日本学生支援機構は原告が生活保護受給者であるにもかかわらず,強制執行の予告までしてきました。

 

● マスコミも注目!

特に若い世代にとって、奨学金の問題はとても身近なものだと思います。社会的な関心も高く、本訴訟の提起はUHBのニュースと読売新聞の記事に取り上げられました。奨学金でお悩みの方は、ぜひ当事務所にご相談ください。

 

誰もが安心して学び,安心して生きていける世界にするために,力を合わせて頑張りたいと思います。

 

この記事を家族・友達に教える

TOP