logo_sq

「原発再稼動反対!」の抗議行動

事務局の柿田泰成と言います。
みなさん、ご存知知ですか?
いま、毎週金曜日の夕方、道庁北門前では「原発再稼動を許さない!」と、仕事帰りの人、大学生、高校生、主婦、子ども連れたお母さんらによる抗議行動が取り組まれ、夜のとばりが下りるにつれ、抗議の声は、それに見合うようにウェーブとなって高まり、駅前ビル街に響きわたっています。
この行動は、東京の首相官邸前で行なわれている原発の再稼働反対の抗議活動に呼応して、札幌でも行なわれており、私は、7月13日の2回目、そして20日の3回目にも参加しました。
道庁前に向う道すがら、どんな人たちが集まるか想像もつかず、だがしかし、こんななし崩し的な政府や電力会社のやり方に怒り心頭なのは私だけでなく、多くの人々が同じ想いで“繋がれている”筈だと、道庁北門へと向いました。
さて、この集まりには正直色んな人がいます。さきほども紹介しましたが、仕事帰りのスーツ姿の方、学生の方、子ども連れの家族、一見何の仕事をされているのかよくわからない方、若い方の参加が多いようですが、年齢もバラバラです。
前回には、原発を勉強中だと参加した中学生。今回は、原発と自分たちの生活とは相容れない存在であること、今なお悲惨な事態が続いており、ただちに原発をとめてほしいと訴える高校生。というように、知らない人ばかりでしたが、2時間ほど「再稼働はーんたい」と一緒に声を出してきました。
今原発を再稼働するのはおかしいと考え、でも、集会に参加するのはちょっとね、と二の足を踏んでいる皆さん、先ずは道庁北門に出かけて、その様子をご覧になりませんか。

この記事を家族・友達に教える

TOP