logo_sq

弁護士の小野寺信勝です。

 

マスコミは「社会の木鐸」と言われ、権力を監視することが期待されています。ところが、昨今、メディアは萎縮し、その期待されている役割を果たしていないと言われることがあります。

 

札幌弁護士会では、ビデオジャーナリストの神保哲生さんを講師にお招きし、メディアの現状とこれからの社会の展望をお話いただきます。

 

神保さんはニュース専門インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」を主宰し、番組内で国内外の社会問題を扱い、その深層に迫った報道をしています。

 

なぜメディアは萎縮するのでしょうか?

今、メディアが果たすべき役割は何でしょうか?

 

神保さんの講演を聴いて、メディアひいては社会の在り方を考える機会として頂ければと思います。

 

ぜひご来場ください。

チラシのダウンロードはこちら → 人権擁護大会プレシンポ/民主主義に立ち向かう

170911プレシンポ.jpg

 

この記事を家族・友達に教える

TOP