logo_sq

弁護士の池田賢太です。

このたび、カフェで憲法を学ぶ講座を始めました。
毎日の報道に接するたびに、戦争する国へ近付いていると感じます。何かしたいけれど、何もできない日々を過ごしていました。
加えて、閣僚や政府関係者、議員の暴言・失言も頻発しています。昔なら失職したであろう発言でも、うやむやにされています。

私たちは、一人では生きられません。だからこそ、よりよく生きるために、社会を作りました。一人ひとりがたくさん集まって社会を作りました。補い合いながら、よりよく生きていこうと考えたのです。

たくさんの人が集まると、なかなか意思決定ができません。だから、代表者を選んで、政治をしてもらうことにしました。私たちが、私たちの代表者を選ぶのですから、選ばれた人は、私たちのことを一番に考えてもらわなくてはなりません。私たちの権利を侵害するようなことがあってはいけないのです。

日本国憲法には、たくさんの権利が書いてあります。これは、かつて権力者が容易に侵害した権利たちです。憲法の基本的人権の規定は、これを侵害してはならないぞ!という権力者たちへの警告です。憲法は、私たち主権者から、権力者に対する委任状なのです。委任された権力者は、憲法を超えて政治を行うことは許されません。憲法は、権力者を縛る鎖です。これが、立憲主義という考え方です。

今一度、私たちは憲法を掲げて、権力者をしっかりコントロールしなければならないのです。そのためには、この立憲主義という考え方を、もっとたくさんの市民に知ってもらう必要があると考えました。その試みの一つが、『Café de KENPO!』です。

できるだけわかりやすく、気軽に憲法を知ってもらいたい。活用してもらいたい。あなたが、憲法を語るための言葉をプレゼントしたい。
そんなコンセプトで、まずは全5回の講座をします。

1回目は、私を含めて、20代から80代まで、延べ19名の参加を頂きました。チャンスがあれば、皆さんもぜひご参加ください。

お問い合わせは、当事務所の弁護士池田賢太までご連絡ください。
問合せ先 011ー231ー1888(当事務所代表番号)
cafe-de-kenpoアットマークoutlook.jp
(迷惑メール対策のため、@をアットマークと表記しています。)

この記事を家族・友達に教える

TOP