logo_sq

 弁護士の桝井妙子です。
 昨日8月6日、身支度をしながら、広島の平和記念式典のラジオ中継を聞いていました。

 広島市長、安倍首相の挨拶が終わり、続く広島県知事、湯崎英彦氏の挨拶。

 「明らかな危険を目の前にして,『これが国際社会の現実だ』というのは,『現実』という言葉の持つ賢そうな響きに隠れ,実のところは『現実逃避』しているだけなのではないでしょうか。」 という言葉にハッとしました。
 核抑止力をお題目のように唱え続け、核を保有し続けることは、核兵器によっておびただしい数の人間が「死ぬ」という「現実」から逃れているだけではないのか。

 8月6日は広島に、8月9日は長崎に、原爆が投下された日です。そして、8月15日は終戦記念日。自分が8月生まれということもあってか、色んな思いがめぐります。

 祖父の長兄がパプアニューギニア戦線に送られ、餓死したこと。
 亡くなった祖母が河川敷で機銃掃射に遭い、低空飛行してきた戦闘機の窓からアメリカ人の操縦士の顔が見えたこと。
 広島に疎開していた祖父の疎開先の隣家に、原爆で傷ついた女性が、畳の上に乗せられて運ばれてきたこと。

 誰の命が欠けても、今ここに私は存在せず、私に連なるものも存在しなかったのだと思うと、なんとも言えない気持ちになります。
 毎日暑いねぇ、と毎日同じようなことを言い、他愛のない毎日を過ごし続けていくことのできる8月でありたいと思います。


長崎市 平和記念像

この記事を家族・友達に教える

TOP