logo_sq

 弁護士の佐藤博文です。
 皆様ご承知のとおり、安倍政権は、2018年度中(来年3月まで)に、憲法改正を国会で発議し、国民投票まで実現したいと考えています。その最大の争点が、憲法9条を改正して「自衛隊の存在する」ことの当否です。
 しかし、私たちは、この議論をする前提として、そもそも自衛隊の実態についてどれほど知っているでしょうか。
そこで、弁護士会では、防衛省記者クラブ・東京新聞論説委員として、長年自衛隊・日米同盟の取材を行ない、半田滋氏を招いて、講演学習会を行なうことにしました。

 日 時  2018年3月6日(火) 午後6時開演 (5時30分開場)
 場 所  教育文化会館小ホール (札幌市中央区大通西13丁目)

 皆様には、是非ともご参加頂きますとともに、お知り合い方々にご紹介、お誘い頂ければと思います。宜しくお願い致します。
チラシの後に、自衛隊に関するミニ情報を載せました。ご参考ください。)



1 日本の常備兵員数は、西欧各国の軍隊をしのいでいます。



【出典:前田哲男「世界」2016.12号「米軍と一体化する自衛隊?編成・装備・作戦」】
独、仏、英、伊が、1990年冷戦崩壊時と較べ半分以下に減員していのるに、自衛隊は現状維持。EU各国が軍備縮小に向かった間に、自衛隊は日米同盟の強化を進めてきたからです。

2 主要兵器も同様に(1990年⇒2015年)西欧各国の軍隊をしのいでいます。
 ① 戦闘機      独軍   638機 ⇒ 235機
            仏軍   845機 ⇒ 281機
            英軍   530機 ⇒ 254機
            伊軍   449機 ⇒ 244機
            日本   422機 ⇒ 557機
 ② 主要水上戦闘艦  独軍    14隻 ⇒ 15隻(潜水艦24隻⇒5隻)
            仏軍    41隻 ⇒ 23隻(潜水艦17隻⇒10隻)
            英軍    48隻 ⇒ 19隻(潜水艦24隻⇒10隻)
            仏軍    32隻 ⇒ 19隻(潜水艦9隻⇒6隻)
            日本    66隻 ⇒ 47隻(ヘリ空母 0隻⇒もうすぐ4隻へ。
                            ミサイル駆逐艦 6隻⇒もうすぐ26隻へ)

3 軍事費は、平成29年度防衛予算で約5兆円(国民総生産GDP比1%)。
 これに対して、政府自民党の安保調査会は、平成30年度から5年で、「NATOを参考に、防衛費はGDP2%(=10兆円)程度に」と提言しています。

この記事を家族・友達に教える

TOP